国内の格安航空券を利用してみて

手荷物が少ない、座席指定にこだわらなかったら格安航空券がおすすめ

格安航空会社は自社が掲げている料金を一定として、そこからオプションでワンランク上の座席や座席指定、あるいは手荷物預けの制限の緩和などを追加料金でとるため、ユーザーとしては非常に分かりやすい料金設定となっているのが特徴だと感じました。
一方で大手が時期によって販売する格安航空券はそれぞれ座席やランク、そもそもの時期やキャンペーン内容、そして実際に購入するタイミングなどによってひとつの航空券でもその価格はかなり上下するという印象を受けています。
もちろん大手の販売する格安航空券にもメリットはあり、手荷物預けの制限が格安航空会社と比べて緩く、大きな物を運ぶ必要があったり家族での旅行であったりといった場合はとても助かります。
また格安で売られていたとしても大手の航空会社を利用するというのは変わらないため、無料の機内サービスが充実していたり、欠航便の心配をしなくても良いといったこともメリットのうちに入るでしょう。

格安航空会社のメリット手荷物が少ない、座席指定にこだわらなかったら格安航空券がおすすめ格安航空会社にも欠点はキャンセル料が割高格安航空券アプリがおすすめ